<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 眩しすぎるぜカリフォルニア | main | すべてはお天道さまのさじ具合 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

言葉よりも理解が難しい壁

 

 だいぶ落ち着いてきたけどあまりにも違うとチャギアは切れる。

 ああっ こっちだって必死なんだよぉ!!(怒

 

 同じ国にいても出汁とかの違いで争いごとにもなるけど、国が違うとさらにややこしくなる。

まんまるは幸い、第3国に住んでいるので無理やり配偶者の味を強制されることはない。

アメリカに来て体感したことは 「日本のおいしいは世界に通じるけど、世界に受け入れるわけでない。」ということです。

アメリカ人には理解できない四季を表現したり、季節物を食べて喜んだりしているのがオタク気質な日本人ですが、年がら年中同じ野菜が売っているアメリカには季節によって食べられない野菜を高価と思うのがちょっと理解できないみたい。

そんな環境だからか知らないけど、フルーツが甘くない・野菜の味が薄いなどの結果、やたらと濃い味になってしまったのであろうか。

もちろん季節物や精魂こめて育てている農園の方もいて、そういうときはファーマーズマーケットで月一で開催されている。

そのファーマーズマーケットの野菜や果物は本当においしいけど

目玉が飛び出るくらい高いぞぅ。


日本のデパートの地価で売っている箱入りの果物くらいのレベル値段。

「それなら庭でプランターしたほうが安いもん」といったのは義姉さん。

ウン それ正解。








 
CoRichブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
まんまる * 人生 * 04:15 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 04:15 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ